本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

春分と陰陽

2018-03-17
来週21日は「春分の日」です。
 
冬至と夏至で「二至」。暦を考える、一年の長さを決めるうえで太陽の動きが重要になります。冬に太陽がもっとも南に至る日が冬至。夏に太陽がもっとも北に至る日が夏至。二至が出来ると、冬至から夏至までの長さが決まりました。長さが決まったので半分にします。そして半分に分けた点、二分の点が考え出されます。春分と秋分で「二分」。併せて二至二分となります。また立春・立夏・立秋・立冬と「立」がつく言葉が四季それぞれにあってこれをまとめて四立と言います。四立はそれぞれ、前述の二至二分のちょうど中間です。四立は昔から四季それぞれが始まる日とされています。春が出立する日は立春ということで「立」の文字が使われます。二至二分と四立を併せた8つの時点(冬至・立春・春分・・・)を八節と呼びます。暦の上で重要な8つの節目の日となります。
 
二至二分を陰陽で考えたとき、夏至は自然界の陽気が最も極まる日であり、その日を境に陽極まって陰となり、徐々に「陽消陰長」、陽が消え陰が増えていくのがわかります。逆に、冬至は自然界の陰気が最も高まるときで、このときを境に陰極まって陽になり、「陰消陽長」しながら少しずつ春に向かいます。春分と秋分の二分では丁度陰陽が半分ずつ。昼と夜が同じ長さ。ですが、二分を越えたところで気の方向性が変わります。春分では陰(内に溜める方向)が減っていく状態から陽(外に向かう方向)が増えていく状態へ。秋分では陽が減っていく状態から陰が増えていく状態へ。春分は陰陽のバランスが同じになり自然界では良い日だと思うのですが、体が自然界の陰陽の「流れの変化」に追いつけないと体調を崩しかねません。
 
中間、ちょうど真ん中にあるということは、ちょっとの刺激でどちらかに倒れやすいということでもあります。春の養生も秋の養生もそうですが、春はくよくよせず身体を軽く動かし発散する。秋は心静かに、気持ちをできるだけ平穏に保ち、心配事や悲しみで感傷的にならない。といったように、精神的に安定させることは重要です。大きく体調が崩れる時には心理面でも必ずと言っていいほど何か変化があります。心理面でも身体の気の流れが急激に変化しないようにコントロールすることがこの時期重要になるのでしょう。
 
人体と自然界の関係性を考え、その調和を目指すのは「整体観」といい、中医学の基本的な考え方です。

おすすめ!黒豆茶

2018-03-14

今日は、私も大好きな【黒豆茶】のお話をします。

 

当店でも取り扱いをしている、この黒豆茶。

 

飲みだしてから、かれこれ2年前くらい?なんですが、すっかり自他ともに認める黒豆茶ファンになっています。

身体にも良く、飲んで美味しいのは勿論なんですが、焚いているときのあの!!香ばしい香りが堪らなくいいんです。←そう、これが私のやめられない本当の理由・・  

 

黒豆が体にいいのは何となく知ってる。じゃあ、何が具体的に体にいいのか!

 

 

【黒豆】は生薬名を黒豆(こくず)・烏頭(うず)といい、中医学的には滋陰補血、利水、風止痙、解毒により眩暈月経不順浮腫筋肉のひきつり化膿などに用いることが出来ます。また、黒豆に限らず、豆は全般的に腎臓のかたちに似ていることから、中国では「豆は腎を滋養することが出来る」とも昔から言われています。

 

腎は発育・生殖・老化に密接に関与しているため、腎が弱ると、骨や歯が脆くなり白髪や腰痛などの老化現象が出やすくなるだけでなく、骨髄や脳髄の働き、生殖器系、免疫機能などに影響が出てきます。

 

黒豆はそんな腎の働きをしっかり助けてくれる心強い助っ人。しかも、そんな黒豆の効果をお茶で手軽に続けられるなんて、こんなに嬉しいことはありません!!!!

 

是非、騙されたと思って一度は飲んで試して実感していただきたい、そんな黒豆茶です。

 

投稿者:古賀梨紗子

胆のおはなし

2018-03-10
春になるとイライラしたり、そわそわ、くよくよしたりと気持ちが安定しない、といった方がいます。鬱々とした五月病のような症状もこの時期に出やすくなります。温かくなると心身の活動が盛んになり、それに伴って感情の起伏も大きくなります。また、春は生活環境の変化も多く、ストレスがかかりやすく、女性の場合はそれに伴うホルモンバランスの変化等も相まって精神が不安定になる事が多いのです。
 
春は肝が影響を受けやすい季節です。「肝は疏泄を主る」。気の推動を行い、情緒を安定させ精神を快適に保つのは肝の役割の一つです。また、「肝は謀慮を主り、胆は決断を主る」と言います。肝と胆は五行では木の属性に当てはまります。肝と胆は表裏をなす関係です。肝は深謀遠慮により物事を判断し、胆が決断するという関係です。
 
「キモが座る」「キモっ玉が大きい」「キモをつぶす」などという言葉は、「肝」や「胆」という漢字を当てます。中医学では、肝気が伸びやかであれば精神活動が活発になり、胆気が充実していれば決断を下せると考えられています。そのため、肝胆が弱ることでイライラや不安感、抑うつといった精神的な症状が出てくることになります。
 
中医学では「肝の病は脾胃(消化器)に及ぶ」と言います。ストレスなどの影響で肝臓がその機能を落とすと、その影響は胆汁を介して消化器にも及びます。そして、脾胃の働きが悪くなると水分代謝が悪くなり身体の中に湿邪が溜まります。湿邪が体内、特に胆に長く停滞すると、不眠、抑うつ感やイライラ、そして悪心や嘔吐といった消化器の症状の原因ともなります。
 
温胆湯(うんたんとう)という漢方薬がありますが、文字通り上記のような胆の不和から生じる症状に効果があります。胆に溜まった湿邪から発生した熱をとり、湿をとり除いて気を正常に運行させるようにします。ストレスなど肝胆の負担がかかったときに悪心などの消化器系症状が出る方や不眠症、神経症の方に用います。
 
投稿者:古賀巌

牡蠣と漢方

2018-03-07
さて、今日は当店がある福岡県糸島市について
ちょこっと紹介しながらブログを書こうと思います。
 
福岡県糸島市は糸島半島の中央部および西部と、その南側から南西の福岡県西端部の一帯を市域としており、東側に福岡市、北側と西端部は玄界灘、南部は脊振山地があり・・・(以下、wikipedia参照。)
 
つまり、糸島は福岡市という九州最大都市を横目に、海と山に囲まれた自然豊かな田舎町というのが自慢の町です。
 
ここ最近では、観光や移住される方も増え、15年近く地元を離れていた私にとっては実家に帰省する度に
「また面白そうなお店ができとる!」「前原駅(最寄駅)にたくさん人がおる!」という信じがたい現象を目のあたりにして、嬉しさを噛みしめていました。
 
さて、そんな糸島ですが、毎年11~3月にかけては市内にある各漁港に30軒ほどの牡蠣小屋が立ち並び、牡蠣小屋激戦区と変わります。
福岡県内だけでなく、県外からも牡蠣小屋目指してたくさんの方がいらっしゃって「糸島の冬の味覚といえば牡蠣!!」というほどまでに有名になっています。
 
 
牡蠣はカキ全体を指して牡蠣と書きますが、
漢方では、カキの貝殻を牡蠣(ぼれい)、カキの肉は牡蠣肉(ぼれいにく)と言い、
 
牡蠣(ぼれい)は、中国の最古の薬物書でもある「神農本草経」で「上品薬(365種の薬物のうち無毒で長期服用が可能な養命薬)」に分類され代表的な重鎮安神薬の一つでもあります。不安や興奮を抑えることで動悸、不眠、イライラなどを改善したり、胃酸による胃痛胸やけ、多汗などの症状に用います。
 
牡蠣肉は、体を潤して、血を補う作用があるため、不眠精神不安、貧血などに用い、グリコーゲン、タウリン、必須アミノ酸、各種ミネラルが豊富で栄養価も高いため、別名「海のミルク」と呼ばれることで有名ですね。
 
 
さて、そこまで聞いたら、カキが食べたくなってきたなぁ・・という方もいらっしゃるかと思います^^
 
 
例年通りでいけば、牡蠣小屋が楽しめるのは残すところあとわずかですが、
是非お時間ありましたら、糸島の自慢の海の幸を堪能しに遊びにいらしてください^^
そして、牡蠣小屋を堪能したあとは、海や山、そして沿道に咲く花々(この時期は、梅や菜の花、少し後になれば桜も見ごろを迎えます)、そして温泉などで糸島を楽しんでいただければと思います。
 
もちろん、糸島の玄関口である筑前前原駅から徒歩5分の当店、糸島薬局にもお立ち寄りいただけたら、
めちゃくちゃ喜びます!笑 ぜひお気軽にどうぞ。
 
投稿者:古賀梨紗子

五行の色体表の見方

2018-03-03
五行の色体表というものをご存知でしょうか。
中医学では五行説という自然哲学の思想を用います。万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説であり、これらは互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えです。
色体表とは、方角・色など、あらゆる物の性質に五行を配当し表としたものです。配当されたものはそれぞれ五●という呼び方をされます。例として、臓器を五行に当てはめると五臓=肝・心・脾・肺・腎となります。
 
中医学において五悪というものがあります。悪という字からわかるように、これは各臓腑に対しそれぞれが嫌う気候・自然環境のこと。心は暑を悪(にく)み、肺は寒を悪み、肝は風を悪み、脾は湿を悪み、腎は燥を悪むとあります。春は風が吹く事が多く、肝の機能が低下しやすく、その肝が弱っている人は風の悪影響を受けやすい、という事です。気候・性質の悪影響を受けすぎると体が病気になることがあります。その原因を「邪」といい、「風邪」「暑邪」「湿邪」「燥邪」「寒邪」と呼ばれます。健康を保持するためには、気候の変化に順応することが大切です。逆らえば風、寒、暑、湿、燥が五臓に悪影響を及ぼし病変の原因となるということになります。
 
前回の記事で春は木(肝)に属するという話がありました。五行の色体表では春は木の属性、ここには「風」と「肝」が当てはまるので、春の養生では風(邪)の影響を抑え、肝を養うことが大切ということになるのです。
 
色体表を眺めていると、健康を保持するために“今”何が大事なのかが見えてきます。(写真は色体表の一部)
 
投稿者:古賀巌
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る