本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

春の養生とは

2018-02-28
はじめまして。
今週から水曜日のブログを担当することになりました薬剤師・国際中医専門員の古賀梨紗子と申します。
 
こちらのブログでは、主に中医学や漢方薬のお話を分かりやすくお伝えしていこうと思いますので、良かったらお気軽にご覧頂ければ嬉しく思います。
 
今年も気づけば、明日からはもう3月!!だんだんと春の陽気が気持ちよくなる季節になりますね。
 
中医学では、春は木(肝)に属します。
 
 
この「肝(かん)」とはどんな役割をするのか?一般的に知られている肝臓の働きだけでなく、
疏泄作用(全身の気(エネルギー)血の巡りを促す)、血液の貯蔵・調節、(関節全般をサポート)の機能維持、の機能維持などの役割を担っています。
 
そのため、春になって「肝」が影響を受けることで、胃腸症状、イライラや憂鬱などの精神不安症状、眩暈、貧血、月経関連症状、痺れや痙攣、ドライアイ、目の疲などの症状が出やすくなります。
 
春になると体調を崩しやすい、という方は特に!
日頃の生活習慣や食事などを見直し、気温が温かくなる頃にしっかりと体を動かし始めることで
肝が変化に富んだ春の気候に影響を受けにくくなるだけでなく、気血の巡りが良くなり心身ともにデトックス!
薬に頼ることなく、体調も健やかに保てるようになります。
(薬屋なのに薬に頼らず…というのもまた違和感がありますが。笑)
 
「肝」を守る養生のコツ
 
早起きをする(朝日を浴びる、朝食を楽しむ)
適度に体を動かす(ストレッチ、ラジオ体操、散歩など)
胃腸に負担を掛けない(温かい物をゆっくりよく噛んで食べる)
アロマなどの好きな香りを取り入れる(入浴時、就寝時など)
気血の巡りをよくする食材を摂る(香味野菜(セロリ、三つ葉、大葉、春菊、茗荷など)、
柑橘系、菊花、ジャスミン茶など)
 
ぜひ、これからの時期に起こり易い不調を防ぐためにも、「肝(かん)」を守る養生を少しずつやってみてください。
 
投稿者:古賀梨紗子

立春~春節 春の訪れ

2018-02-17
昨日、2月16日は旧正月。旧正月は「春節」といって新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国をはじめシンガポールや大韓民国などの中華圏国家では、数日間の祝日が設定されているそうです。日本では正月に帰省ラッシュや長期休暇をとったりしますが、中国では春節の時期に皆一斉に休暇を取る風習があり、春節期間には中国の列車は大混雑で切符がなかなか取れず、また、当日は花火などで盛大にお祭りします。旧正月、春節は年ごとに異なり、毎年1月下旬から2月下旬の間に春節は訪れます。旧暦の1月から3月までは春とされます。日本でも「立春」後には春とされるので、先週の厳しい寒さもありながら暦の上では季節はもう春ということになります。
五行学説では春は「木(もく)」に属します。木がぐんぐんと芽を出しのびやかに成長します。新陳代謝も活発になり冬の間溜まった老廃物を発散していきます。五臓で言うならば「肝」の季節です。春に体調を崩しやすい方は、五臓の「肝」に問題があるケースが多いのです。「肝」をケアする漢方薬を飲んだり、「肝」に良いとされる食材、シソ、セロリ、春菊、酢の物、クコ、なつめなどを積極的に摂るようにしていくと良いでしょう。さらには少しずつ早起きをするように心がけ、冬場よりも積極的に外に出て陽に当たるようにします。「肝」は春の草木のようにのびのびとした状態を好みます。ストレスが溜まったりすると「肝」の機能は低下して消化器系の不調、疲労感、イライラ、憂鬱といった様々な不調が現われやすくなります。「肝」の機能を健やかに保ち、心も身体も元気な春を過ごしていきたいものですね。春節や立春は一つの区切りとなります。一年間健康で過ごせるように春からの良いスタートを切りましょう!

第1回バイオリンク茶話会を開催しました

2018-02-08
昨日、2018年第1回バイオリンクを糸島薬局内研修室で開催いたしました。ご出席いただいた皆さま、ありがとうございました。
茶話会では免疫や食事の話が主となりました。身体を侵す病原菌、ウイルスを駆逐する好中球の働きはその環境によって十分に働くことができるか、その能力を落としてしまうかが決まります。元気に免疫細胞が働きを維持することも大事ですし、まずウイルスが入り込まないように細胞を強くすることも必要です。細胞の質は体質に繋がります。その為には何をすれば良いのか?細胞の質は血液の質から、血液の質は食べ物の質から決まっていきます。食べ物の質に関しては、ただ良いものを食べればいいということではなく、バランスが大切です。近年、多く聞かれる子供の発達障害などは食事の栄養のバランスの乱れが原因の一端となっているようです。何が足りていないのか?何を食事に盛り込んでいけばいいのか?赤ちゃんは母乳で育ちます。母乳はお母さんの栄養状態によってその成分が変わります。お母さんの食事はどうですか?子どもが健やかに元気に成長していくためにも、日々の食事の見直しは大切なことです。
今回の茶話会は、実例を交え上記のような内容で進めさせていただきました。話が盛り上がり時間が足りなくなってしまい、村井先生は「腸の話もしたかったけど、今回は出来ませんでした」とのコメント。次回以降も免疫と食事のお話を中心に進めていければとの事でした。また、多くの方に聞いていただきたい内容です。
次回、第2回バイオリンク茶話会は3月13日(火)に開催予定です。飛び入り参加も歓迎です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

腸と脳のセロトニン

2018-01-31
小腸では体内セロトニンの約90%が作られ、保有されています。腸内のセロトニンは腸の運動と密接に関連しています。セロトニンはテレビや雑誌などでは幸せホルモンなどとよく言われています。ただし、腸内のセロトニンは直接脳に入り働くわけではありません。脳には血液脳関門という門番があり、簡単には通過できないのです。脳内のセロトニンはイライラ、不安感などが過剰にならないよう抑制し、精神を安定化させます。そのため、俗にいう幸せホルモンとは脳内で働くセロトニンのことを指すのでしょう。脳内セロトニンの量が不足すると、精神が不安定化し、すぐに怒りやすくなったり、うつになったりします。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸やビタミン類を使って合成されます。腸内のセロトニンは脳内に補填できない一方で、脳内でのセロトニンの原料であるトリプトファンやビタミン類は腸で食べ物より取り出されています。腸内フローラ=腸内細菌叢は食べ物から腸が栄養を吸収する部分で、密接な関わりがあることが分かってきています。腸内細菌によって食べ物がしっかりと吸収すべき栄養素へと分解・合成されており、このセロトニンの原料を取り出す作業も行っているのです。腸内フローラが正常に機能すれば脳内、腸内のセロトニンの量も正常に保たれることが明らかになって来ました。腸内環境を整え、腸内フローラを活用することは脳の機能を整える事にも繋がっているようです。いわば身体と腸内細菌は共生しており、腸が第二の脳と言われる所以なのでしょう。

腸管免疫系は体外と体内の境目で見張っている

2018-01-24
最近は「腸活」といった言葉がトレンドとなっています。腸活とは腸内環境を正常にして健康な体を手に入れることを言います。近年になり、食べ物の消化吸収だけでない、腸の様々な働きが注目されています。たとえば、免疫において腸管が非常に重要な存在であることが注目されています。腸は腸管免疫系と呼ばれる免疫機構を構築し免疫機能に関与しています。腸管免疫系について簡単に調べてみました。
腸管免疫系はパイエル板、小腸上皮細胞、粘膜固有層と腸間膜リンパ節によって構成されています。腸管の表面積はテニスコート1面分にも達し、体表面積の100倍以上であると推定されています。腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。従って、腸管は内なる外界ともいえ、腸管粘膜は、細菌、ウイルス、寄生虫や化学物質などのさまざまな異物に絶えず曝されています。それら経口的に体内に入る脅威から身を守るために発達した仕組みが腸管免疫系であり、これに対応する免疫系細胞も大量に存在する必要があります。
一方、私たちの身体は、生命を維持するため必要な食べ物を分解し体内に取り込んでいかなければなりません。腸管免疫系は食品のように安全なものと、病原細菌のように病原性のあるものを識別しています。生命の危険にさらされる病原細菌も、その成分は食べ物と同様にたんぱく質、炭水化物、脂質からつくられています。これを食べ物などと判別し、排除しています。すなわち、腸管免疫系は身体の外部から身体の内部に入れるべきものを識別しているといえます。
腸管免疫系は全免疫系細胞の約70%が存在しているといわれ、体内の最大の免疫機構です。身体の内部へ外部から敵が入り込まないように、これだけの戦力が見張っているのです。身体自身も、敵が内部に侵入し暴れることで致命的な損害を被ることをあらかじめ防ぐこと=予防が大切だと言っているのかもしれません。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る