本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大寒の養生 防風防寒と温める食べ物を

2018-01-20
本日1月20日は二十四節季の「大寒」です。「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」。大きく寒いと書くことからも分かるとおり、一年で最も寒さが厳しくなる時期とされています。
養生については、中国では古くから「大寒大寒、防風防寒、朝に人参、黄芪の酒を飲んで、夜に杞菊地黄丸を飲む」といいます。大寒期間は、風邪など気道の伝染性疾病が増える時期なので、寒気を吹き飛ばす温の性質をもつ食物をとり、風寒邪気の侵入を防ぐべきです。ふさわしい食物は紫蘇の葉、生姜、長ネギ、唐辛子、花椒、桂皮など。風寒とは、風と寒さ、風が吹いて寒いことを表します。
この時期の厳しい寒さから身を守るためには、「首」を温めることも重要です。首には太い血管やリンパ、上神経節、中神経節などの重要な器官が集中しています。それらは首では薄い皮膚にのみ守られているだけです。ここで血液が冷やされてしまうと、その冷えは身体全体に影響を与えてしまいます。特に首から肩の後ろには風門という風邪の入り口があります。首はしっかりとマフラーなどで風寒を防ぎます。手首や足首といった首という文字が付く個所も同様に皮膚が薄く血液が冷やされてしまいやすい箇所なので、手袋や厚手の靴下などで防風防寒を徹底しましょう。
大寒の次は立春です。大寒を過ぎればかすかに大地に春が戻ってきた景色を感じとることができます。

インフルエンザの基本的な予防 免疫の働き

2018-01-16
年始も2週間を過ぎ、慌ただしい日々も少し落ち着いてきたでしょうか。学生さんは受験シーズンも本格化し、追い込みに追われているかもしれませんが、受験当日に体調を崩さないよう、体調管理についても気を配っているかと思います。インフルエンザの予防では予防接種やマスクの着用が優先されがちですが、普段から闘う兵士の質や対抗するための武器(抗体)を速やかに作る能力を高めておくことです。その為には疲れを残さない、睡眠をしっかりとるという基本的なメンテナンスを忘れてはいけません。
身体の中で増えたウイルスに対処するのは我々の身体が持つ免疫です。我々の体は主に自然免疫と獲得免疫の2つの免疫の働きによって、インフルエンザウイルスなどの外部の敵から守られています。自然免疫とは、体内にあるマクロファージや好中球などの免疫細胞が体内に侵入してきた菌やウイルスなどの外敵を食べて消化することです。一方、獲得免疫とは「抗体」を使う免疫反応のことです。マクロファージがインフルエンザウイルスを食べると、ウイルスの情報がT細胞、そしてB細胞へと伝えられ、B細胞は食べられたインフルエンザウイルスに適した武器、抗体を作り出すようになります。侵入者を分析し、撃退するのに適した武器を開発し戦線に投入するといったイメージです。抗体を使えば、以前に感染したインフルエンザウイルスは撃退することになります。自然免疫が素手での白兵戦とすると獲得免疫は武器を使って後顧の憂いなく敵を打ち破る殲滅戦というところでしょうか。
疲労がたまっている方、睡眠不足の方は身体を守る衛兵も疲労しその働きを十分に発揮できず、免疫の力が落ちており、それだけでインフルエンザウイルスへの抵抗力が下がっています。兵士の疲労や士気に気を配らなければ良い司令官とは言えません。身体の疲れ、救援要請には敏感になるべきです。

インフルエンザが注意報レベルになりました

2018-01-12
先週末には各地でインフルエンザ注意報レベルを超えたそうで、いよいよインフルエンザの流行期に入ったようです。学校も冬休み期間が終わり、一気に広がりを見せる可能性があります。当薬局でもちらほらと抗インフルエンザ薬の処方箋をお持ちになる方が見えられるようになりました。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因となり高熱や関節痛なども引き起こします。インフルエンザウイルスの増殖を抑え、インフルエンザ感染症の治療や予防をする薬を抗インフルエンザ薬といい、病院で処方されます。インフルエンザの疑いがあるときは早急に病院に行き、抗インフルエンザ薬をもらうといった流れは近年常識になりました。
抗インフルエンザ薬はタミフルやリレンザ、イナビルといった医薬品があります。インフルエンザウイルスは細胞内へ侵入後、ウイルスが大量に作られ細胞外へ放出される過程を繰り返し増殖しますが、これら抗インフルエンザ薬はインフルエンザウイルスに感染した細胞からウイルスが放出されるのを阻害しウイルスの増殖を防ぐ作用を持っています。
抗インフルエンザ薬はウイルスを殺すのではありません。あくまでウイルスの増殖を食い止める薬になります。インフルエンザウイルスは猛烈な勢いで増え続けて、症状が出てから2~3日後(48~72時間後)には最も数が多くなります。そのため、罹患後48時間を超え、ウイルスが増え切った状況で服用してもあまり意味がないのです。
インフルエンザには重症化しやすいハイリスク患者層があります。誤解のないように言いますが、抗インフルエンザ薬は服用すること、予防接種を受けることで、インフルエンザの感染や重症化を防ぐ可能性は高まります。
忘れてはいけないのは、ウイルスを撃退、殲滅するのは自分自身の身体のもつ免疫の力であるということです。「ワクチン打ったから大丈夫」「抗インフルエンザ薬を飲んだから治るだろう」ではなくて、身体の中の細胞がそのウイルスを撃滅する力を最大限発揮できるように、十分な睡眠や正しい食事で後方支援をして戦況を整えてあげることが、早く症状を治めるためには必要です。敵(ウイルス)の侵入を抑えること、身体を守る兵士たち(免疫細胞)を万全の状況に整えておくことが予防であり、敵に勝つための戦略です。

自然薬研究会の全国大会へ行ってきました

2018-01-09
7日~8日で名古屋に行ってきました。今回は自然薬の全国大会です。2日間でじっくりと研修をさせていただきました。そして研修もさることながら、食事も楽しんできました。ひつまぶしやあんトーストなど、名古屋の名物もしっかり頂いて福岡へ帰ってきました。あ、味噌煮込みうどんを頂くのを忘れた…次回は味噌煮込みうどんも頂きたいですね。
さて、普段より当薬局でもお勧めしている自然薬の松寿仙ですが、大会でも現在の製造等についてもお話がありました。松寿仙の原料はクマザサ、アカマツ、ニンジンを原材料(原生薬)としているのですが、現在は原料であるアカマツなどの調達において、森林の減少やマツクイムシなどの害虫の蔓延などによる原料の減少が顕著になっているとのこと。また、現場の高齢化なども一つの問題点だそう。
これは他の生薬、漢方薬も言えることですが、現在、原料の調達は需要の増加や環境の変化により難しくなってきているものも数多くあります。今一度、自然薬の原料は限りのあるものという認識とともに、その自然の恵みに感謝し、必要なときに正しく用いる、あるいはお勧めすることができるように私もしっかり研鑽していきたいと思います。

七草粥

2018-01-06
1月7日は人日の節句と申しまして、七草粥(ななくさがゆ)は人日の節句の朝に食べる日本の行事食です。
春の七草とはセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。正月の七日に春の七草を摘み、これを神前に供えてから食べればその年は病気にかからない、という考えが中国から日本へ伝わってきて、この七草の行事になったそうです。
春の七草は薬草でもあります。薬草として見るとそれぞれ以下の効果があるとされます。セリは解熱や利尿作用など。ナズナは消炎鎮痛作用や下痢止めなど。ゴギョウは咳止め・去痰や利尿作用など。ハコベラは消炎や利尿作用など。ホトケノザは健胃、食欲増進作用など。スズナは消化促進や解毒など。スズシロは消化促進や咳止め・去痰、利尿作用など。
まとめると、七草粥は消化を助けて胃腸を整え、風邪の症状にも効果(咳止め・去痰・消炎)があります。すなわち、このタイミングで七草粥を食すことで、正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休め、正月の寒さによる風邪の症状に効果のあるレシピだと言えます。
単なる行事食としてではなく、養生食として7日は七草粥をいただいてみてはどうでしょうか。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る