本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「おとそ」について

2018-01-05
お正月に「おとそ」を飲まれましたか?
「おとそ」は「お屠蘇」と書き、その由来は「蘇」という悪鬼を「屠」るという説や、邪を「屠」り生気を「蘇」生させるという説があるようです。現代ではお屠蘇を飲むというと、単に日本酒を飲むことを指す場合もあるようですが、本来、お屠蘇とは「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる、何種類かの生薬を配合した漢方薬を漬け込んだ薬酒です。唐の時代の中国より伝えられ、平安貴族の正月行事に使われていたそうで、その後、江戸時代に一般庶民に広まった風習だそうです。
最近はお屠蘇を飲まなくなった家も多いようです。先日、テニスに行った折、大学生の子とお屠蘇の話題になったのですが、その子は「お屠蘇」の存在を知らず驚きました。
それはさておき、屠蘇散は薬草学の古文書「本草綱目」にも記載されているそうで、その処方には強心作用を持つ「烏頭(うず:トリカブト)」や鎮痛・麻酔作用を持つ「細辛」、瀉下作用を持つ「大黄」といった効果の生薬も含まれていたようです。現在ではこれらの生薬は処方から取り除かれて販売されており、構成生薬は「白朮」、「桔梗」、「山椒」、「防風」、「桂皮」、「陳皮」、「丁子」のものが多いようです。薬効薬理は、主に胃腸の働きを整え、身体を温める作用といったところでしょうか。
ただ、元旦に飲む分だけでは薬効まで実感するのは難しいところだと思います。やはり縁起物で使われるだけということでしょう。しかし薬効からみると正月の胃腸疲れや寒さに対抗するといった昔の人の考えもあったのかも知れませんね。

明けましておめでとうございます

2018-01-04
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 
糸島薬局は本日4日より営業開始です!
 
今年もさらに地域の皆様のお役に立てる薬局を目指していきたいと考え、スタッフ一同頑張ってまいります。是非、お気軽に健康のご相談をいただければと思っておりますので、本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

年末のごあいさつ

2017-12-30
本日を持ちまして2017年の営業は終了いたします。本年もみなさまよりのご愛顧に支えられた一年でございました。この場をおかりいたしまして、厚く御礼申し上げます。
 
新年は1月4日(木)9:00より営業開始となります。来たる2018年もみなさまとの絆を大事に、健康のお手伝いができますようスタッフ一丸となり、精進してまいります。来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
 
健やかに新年をお迎えになられますようお祈り申し上げるとともに、これをもって年末の挨拶とさせて頂きます。よいお年をお迎えくださいませ。

年末は30日までの営業です

2017-12-27
さて、今年は31日の大晦日は日曜日で店休日となるため、年末の営業は30日までとなります。30日は18時までの営業となります。新年は4日より通常営業となります。
今年も残りわずかです。年末年始は精神的に忙しくなりがちです。世の中、この時期、ざわざわしますよね・・・まさに「師走」の忙しさです。年末は外出する機会も多く、ウイルスに罹患する確率も高くなったりしますので、うがいや手洗いを徹底し、カゼを引いて正月を迎える羽目にならないよう注意が必要です。焦りの心は事故の元、サイレンが鳴る頻度も多くなっているみたいです。病気や事故に注意して、落ち着いた気持ちで新年を迎えたいものですね。

症状を翻訳するということ

2017-12-20
今年は年間を通して、福岡県わかはな調剤薬局の渡邊賢先生が主宰される症状翻訳家®養成塾に参加させていただきました。先日、その症状翻訳家®養成塾の第1期が最終回を迎え、渡邊先生より第1期の終了証を頂きました。
症状翻訳家®とは。渡邊賢先生の商標であり、身体が現す「症状」を、どのようにバランスが乱れているのか、そして身体のどのようなメッセージなのか、を「翻訳」する人物です。体調不良を治し、体調を根本から健康へと立て直すためには、身体が発する信号とメッセージにしっかり向き合い、その意味を理解し、身体を整えていく必要があります。
年間を通して行われた養成塾では塾生として、より詳しく症状を翻訳する見方をじっくりと教えていただきました。ただ表に現れた症状だけを抑えるだけではない、根本治療としての体調の整え方を症状翻訳家®はアドバイスとして示すことができます。本当に身体が必要としていることは何なのか、そして整えるには、どの漢方薬(あるいは食事、生活改善など)を使うべきなのか。まだまだ学びや経験が足らず、今後もしっかりと研鑽を積み重ねていく必要がありますが、第1期の修了証を渡邊先生からいただき、決意も新たに皆様の体調改善にしっかりアドバイスしていければと思っています。併せて、ご相談時には皆様にご自身の身体との対話をしっかりしていただく機会ともなれば幸いです。
渡邊先生、塾生の皆さま、ありがとうございました。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る