本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

秋の果実と肌のケア

2017-09-11
こんにちは。最近は大分涼しくなってきて、過ごしやすくなってきました。それとともに、季節の変わり目。体調を崩しやすくなる時期でもありますので、注意が必要です。
 
秋~冬にかけては乾燥が強まってきて、「燥邪」に注意、というのは先日の記事でも述べました。中医学では、肺のもつ働きにも種々あります。肺と言えば外界より新鮮な空気を吸い、人体に必要な清気を取り入れ、体内から汚れた濁気を吐き出す、といった呼吸機能。中医学では、肺の機能として全身の気の動きの調節をし、汗や尿といった水分の代謝をコントロールすることも含まれます。皮膚・汗腺・産毛などの皮毛、すなわち、体の表面部で外邪の侵攻を防ぐ衛気の調節、維持もしています。燥邪によって肺の潤いが不足すると、肺の機能が低下し、身体全体にさまざまな不調が現れます。肺は皮膚とつながっており、皮膚の乾燥は肺の乾燥とも言われるほどです。空気の乾燥により肺が乾燥すると、皮膚も乾燥しやすくなります。ポイントは「肺を潤す」です。健康な肺は体液や血液といった陰液で潤っています。
 
「酸甘化陰」という言葉があります。酸味と甘味の組み合わせは、陰液を補うというものです。秋には梨や葡萄、柿、林檎や蜜柑などの柑橘類も旬を迎えます。フルーツは自然と酸味と甘味を備えているものが多いので酸甘化陰で陰を補うのに効果的です。糖分もあるので摂りすぎには注意ですが、適度に果実を摂ることは、こういった観点からも肌に良いと言えます。

肺を潤す

2017-09-07
こんにちは。最近は、日中はまだ暑い日もありますが、気温も大分下がってきて少しずつ涼しくなってきましたね。季節も秋に移っていきます。
 
秋は陰陽五行説において「肺」の季節です。そして、空気が乾燥してきて「燥邪」が強まってくる季節です。中医学において、肺は喜潤悪燥という特徴。肺は潤いを好み、乾燥を嫌うという特徴を持っています。肺は鼻やのど、気管支とつながっており、肺が燥邪の影響を受けると、乾いたせき、たん、鼻・のどの乾燥、喘息症状など、呼吸器系の不調が出やすくなります。潤い不足になると、便秘、アトピー性皮膚炎や肌のアレルギー症状なども出やすくなります。
 
言い換えると、肺が正常な働きをしていれば、肌のキメは整い潤いますが、肺に異変が起きると、肌は荒れて乾燥し、酷くなるとかゆみなども起こります。そうなると、感染症などにもかかりやすく、風邪もひきやすい状態になってしまいます。これからの時期は肺の潤いを保つことも重要になってきます。
 
肺を潤すのは「白い食べ物」がいいとされています。杏仁、長芋、里芋、白きくらげ、れんこん、ゆり根、きのこ、大根、豆乳、はちみつ、甘酒、白ごま、イカ、ホタテなど。「肺」が整って、気が高まれば、外からの悪い邪気が入ってくるのを防ぎこともできます。寒さと乾燥が厳しい冬になってからではなく、秋から準備しておくことが大切です。白い食材を食べて、肺を潤していきましょう。

身体への食事の影響はどの程度?

2017-09-02
こんにちは。食養生は身体づくりの基本と、このブログでもしばしばお伝えしています。実際に食事内容によって体調に影響することもままあります。実際の例として先日体験したことを。
 
先日、夕食としてスイカを半玉食べたところ、その後、お腹の具合が悪くなり下してしまいました。スイカは夏を代表する果菜ですが、90パーセント以上の水分が含まれ、カリウムが含まれ利尿作用を持っています。普段食べる実の赤い部分は「清熱利尿・解暑生津」。利尿することで身体の熱を冷まし、喉の渇きを潤す効能があるとされます。しかしながら、冷やす性質があるため、身体が冷えている人やお腹が冷えやすい人は食べ過ぎないように注意しなければなりません。
 
今回の例では、普段より薬局内で冷房に当たっている、夏場で知らず知らずのうちに冷たいお茶などを飲みすぎていた、などがあり、お腹が冷えて便が緩くなった、と考えられます。(もちろん、一玉は食べ過ぎの部分もありますね!)その後、風呂桶にゆっくり入りお腹を温めたところ、便意も治まりました。
 
まだまだ残暑が続きますが、どんな食事をしていますか?暑い夏は体を冷やす食べ物を上手に食べれば、快適に過ごすことができますが、体を冷やし過ぎると今回の例のようにお腹の調子を崩したり、夏バテのもとにもなります。日々の食養生での健康な身体づくりには、そのときどきで、自分の身体に必要な食べ物をきちんと見極める必要があります。これから季節は秋に移りかわります。秋を迎える準備の一つに、食事も少しずつ体を温める食べ物に変えていくようにしましょう。

8月度健康講演会を行いました。

2017-08-28

先週の26日、土曜日に糸島薬局におきまして健康講演会を行いました。今回の講師をお願いしました”シゲちゃん”こと、大川 重夫先生からは、時折ユーモアを交えて、夏バテなどを防ぐための注意点やこれからの時期の体調管理についてのお話を頂きました。参加していただいたみなさまにも気軽に質問や、ご自身の気になることをお話していただき、熱気ある会となりました。ご参加していただきました皆さま、ありがとうございました。

 

なお、ご来場された方には大川先生より、コンクレバンゴールドや食品管理チェック表など、講演に関連したプレゼントもありました。これからの時期の健康管理のツールとして、ぜひご活用いただければと思います。次回の大川先生の講演会は11月を予定しております。

 

これからも糸島薬局では様々なイベントを開催いたします。今後もトレンドの健康情報や最新の話、食事と健康の関係についてなど、興味を持っていただくような話題を皆様に提供したいと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

処暑と秋なす

2017-08-24
昨日より二十四節季の一つ「処暑」に入りました。処暑とは文字から、暑さが和らぐという意味をもっています。早朝などは少し涼しく感じられるようになってきたでしょうか。暦便覧には「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」とあります。暑さが峠を越えて後退し始めるころになってきました。とはいえ、「暑さ寒さも彼岸まで」とも言われるように、日本では日中はまだまだ暑さが厳しい日が続きます。
 
そろそろ、秋の味覚も市場に並び始めてくるようになります。秋の味覚の代名詞の一つでもある秋なす。しかしながら秋なすの秋は晩夏から初秋のこと。元来なすはカリウムや水分をたっぷり含む夏野菜です。なすは晩夏になると成熟し実に栄養が多く届くようになるといわれています。夏の終わりがけに気温が下がりはじめることで、昼と夜の気温差で身が引き締まり、また、栄養がたっぷりと実にも回ってくるようになりアミノ酸や糖が増え、皮が薄く柔らかく熟したものが秋なすと呼ばれるそうです。
 
「秋なすは嫁に食わすな」という、ことわざの意味には諸説あります。「美味しいので嫁に食べさせるのはもったいない」や「なすには種が少ないので縁起がわるい」というもの。そして、なすの持つ効果について「なすは体を冷やすので秋になって気温も低くなるため、お嫁さんの体を気遣った」という説もあります。夏には体を冷やしてくれるなすですが、秋になったら加熱する調理に変えて、ショウガやネギと合わせて食べるように変えていきましょう。身体を冷やす作用を抑え、体が冷えすぎないように美味しくいただけます。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る