本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日本人の脾と湿

2018-06-16
梅雨の時期になり訴えが多くなる症状には、倦怠感や消化管症状、むくみ、めまいや耳鳴りといったものがある。とくに、倦怠感に関しては、近年“夏バテ”ならぬ“梅雨バテ”という言葉も出てきたようだ。梅雨はもはや多くの日本人において代表的な“体調不良になりやすい時期”となっているのかもしれない。
 
梅雨の時期に現れやすい症状の多くには“湿邪”が絡んでいる。湿気、すなわち“湿”が強くなりすぎて身体に害をあたえる“邪気”になったものが“湿邪”である。身体の中に溜まって停滞した湿気が身体に害を与える。水はけの悪い土壌にある水たまりがよどみ、腐っていくようなものである。流れる水は腐らず、という。体内の水分を停滞させずに流すことは、健全な身体を維持することに必要不可欠である。
 
身体の中の水分をうまく流すためには脾が大きく関わってくる。“脾”は東洋医学においての五臓のひとつである。「脾は運化をつかさどる」とされている。脾がその働きを十分に発揮することで体内の水液はうまく巡る。脾にできるだけ負担をかけすぎないことが湿邪による体調不良を防ぐことに繋がる。
 
湿には大きく分けて身体の外部環境からの外湿と、身体の中から生み出される内湿に分けられる。内湿は、主に脾の機能が低下することで身体の内側から生じる。内湿は、脾が健全に水液を運化できなくなり、水湿停滞して凝集した状態である。外湿と内涅は異なるが、湿邪となり発病する機構においては相互に影響する。東洋医学では「内湿が外湿を呼ぶ」という。脾が機能低下すると内湿が生じるとともに外湿を感受しやすくなり、外湿が侵入すると脾を傷害して内湿を産生しやすくなる悪循環となってしまう。
 
脾の負担を抑え、その機能を損ねないようにするには、水分の取りすぎに注意し食べ過ぎや飲み過ぎを避ける、あっさりしたものを摂り油ものの摂取を少なくする、などの方法があげられる。また、暑くなってくるとアイスをはじめ冷たいものを多く摂ってしまいがちである。冷たいものは脾の陽気を傷つけ消化能力を低下させてしまうので、これも注意が必要である。
 
中医学では「脾は湿を嫌う」とされている。日本の梅雨、夏は高温多湿である。島国である日本は、四方を海に囲まれており湿気が多い。そのため、日本人は湿に対し過酷な環境にもともと置かれているのだと思う。そして、日本人は胃潰瘍をはじめとし消化管の症状が多い民族と言われている。このあたりにも湿と日本人との関連性があるように思う。“湿”対策は日本人の健康に大きく関わっているのかもしれない。
 
投稿者:古賀巌

貧血?それとも、血虚?

2018-05-30
「女子以血為本(女子は血を以て本と為す)」
 
という言葉が中医学にはあります。
 
 
これは、女性の体は血をもとに成り立っているという意味で、女性の体にとっていかに「血」が重要であるかということを示しています。
 
“血が足りない”というと、一般的には「貧血」が思い浮かぶかと思いますが、中医学で言う血の不足は「血虚(けっきょ)」のことを指します。
 
この、貧血と血虚。めまい、立ちくらみ、動悸や息切れ、疲労感、怠いなど、症状が一緒に思えるんだけど、
これって名前が違うだけ・・?
 
 
いえいえ、厳密に言うと異なるもので、
 
 
「貧血」は、血液中の赤血球やヘモグロビン(鉄+タンパク質)が少ない状態で、一般的に知られている鉄欠乏性貧血のほかに、再生不良性貧血、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)、溶血性貧血などが挙げられます。
 
「血虚」は、血そのものが不足して全身に十分に巡らなくなる状態
 
を指しています。
 
貧血は、乳児期~2歳、思春期、妊娠中、閉経前の女性などで鉄欠乏になりやすいため、
 
上記期間に当てはまる方は特に症状が出やすいと言われます。
 
 
 
 
鉄を効率よく摂取するためには、
 
体内に吸収されやすいヘム鉄を含有する食材としてのレバー、肉類、煮干しや鰯などの魚類がお勧めですが、
 
体内に吸収されにくい非ヘム鉄を含有する食材(野菜類、海藻類、豆類、干し葡萄、切り干し大根など)でも、
動物性食品やVit.Cと組み合わせれば、身体に吸収されやすくなり、効率よく鉄分を補給することはできます。
 
 
これに対して、
 
血虚の場合は、一般的な貧血症状のほかにも、冷え症、皮膚の乾燥、目や口の乾燥、若白髪、抜け毛、イライラや落ち込みなどの情緒不安定、ストレスに弱い、睡眠障害なども見られることがあります。
 
 
これは、“血”が  
 
①内臓や細胞に栄養を届ける働き 以外に、②体を潤す働き ③精神を安定させる働き
 
を担うためです。
 
 
 
そのため、血を増やすためには、
 
鉄分を増やす食材のほかに、
 
緑黄色野菜自然な甘味のある食材(棗やプルーンなどのドライフルーツ類など)、黒い食材(黒豆、黒砂糖、黒きくらげなど)がお勧めです。
 
 
また、皮膚の乾燥など潤い不足には、上記以外に身体を潤す食材である白い食材(白きくらげ、蜂蜜、豆腐など)なども一緒に摂ったり、
 
 
落ち込みや不安などの精神症状が気になれば、ジャスミンテティーや柚子茶など香りのあるものなどを一緒に摂られるのがいいかと思います。
 
 
 
 
 
いずれにせよ、血の不足、貧血は両者ともに生活習慣が大きな原因の一つに考えられるため、
 
 
 
①偏食や暴飲暴食を控え、バランスの良い食事の心掛け
 
②朝活をしてみる(朝食抜きではなく、朝食を楽しむ余裕を)
 
③冷たいもの、生もの、刺激物はできるだけ控える
 
④身体が疲れない程度に軽く体を動かす(散歩、ラジオ体操、ヨガなど)
※食事を抜くダイエットではなく、身体を動かすダイエットなら、健康的で魅力的な身体づくりが目指せます
 
⑤睡眠時間の確保(日が変わる前に横になる)
 
 
 
など、是非まずは生活習慣の見直しからトライしていただければと思います。
 
 
投稿者:古賀梨紗子

梅雨は“湿”にご注意!

2018-05-23
だんだんと湿度も気温も上がり過ごしにくい日が少しずつ増えてきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? 
 
今年の梅雨入りは平年よりも早くなる予報とのことですが、毎年、梅雨になると頭痛や浮腫み、胃腸の不調など体調を崩す方もいるのではないでしょうか?
 
中医学では、このように湿度が高い条件では湿邪(しつじゃ)が生じ、期間や体質によって体にも影響を及ぼすと考えます。
 
湿邪の特徴を挙げると、
 
①重濁・粘膩の性質を持つ
②下に行きやすい
③停滞しやすい
④脾を傷りやすい〈消化器官系に影響が出やすい
 
 
そして、それらの特徴のために、
 
①重濁・粘膩の性質を持つ
頭や体が重だるい、倦怠感、関節の鈍痛や動かしにくい、口が粘つく、汗がベタベタ、
 雨の日や湿度の高い日に症状が悪化しやすいなど
 
②下に行きやすい
下半身が浮腫みやすい、膝が重い、おりものが多い、便が緩いなど
 
③停滞しやすい
→各部位の痛みや張満感、症状が長引き治りにくいなど
 
④脾を傷りやすい〈消化器官系に影響が出やすい〉
食欲不振、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢など
 
 
が起こり易くなります。
 
特に(4にも書きましたが)湿邪の脾胃(消化器官系)に与える影響は大きいため、もともとより胃腸が弱い方や、環境の変化やストレスによって胃腸症状が出やすい方は、梅雨に入る前から胃腸の立て直しを図ることがかなり重要です。
 
 
また、普段は胃腸に問題なんてない!という方でも、梅雨が長引けば長引くほど脾胃への影響が懸念されるため「脾胃の養生」を他人事と思わず、ぜひ日々の生活で脾胃の養生を心掛けていただければと思います。
 
そうすることで、来たる“夏”にも、熱中症や夏バテに罹ることなく元気に過ごすことが出来ます!
 
 
 
さぁ、このブログを最後まで読んだ貴方は、
 “湿邪に負けない体づくり(脾胃の養生)”への挑戦をしてみたくなったのでは? 
 
しっかりと脾胃を労わって、例年温梅雨とは一味違う“身体”を体感してください^^
 
 
※脾胃の養生については4/11、18のブログにて詳細に書いていますので、
よかったらそちらもご覧下さい。
 
 
投稿者:古賀 梨紗子
 

梅雨の食中毒予防、手洗いを見直してみること

2018-05-19
沖縄が梅雨入りし、九州ももうそろそろ梅雨に入ろうかという季節になります。糸島も今日は涼しいですが、今週は30℃を超える日もあり、暑くなってきました。これからどんどん気温も湿度も上がり、蒸し暑くなっていきそうです。
 
じめじめとして蒸し暑い梅雨に入ると、食中毒に注意が必要になります。食中毒には種類があり、以下のように分類されます。
①細菌性食中毒…細菌(の出す毒素)の摂取による
②ウイルス性食中毒…ウイルス感染したものの摂取による
③化学性食中毒…農薬や添加物などの化学物質、腐敗で発生した有害物質の摂取による
④自然毒食中毒…ふぐ毒や毒きのこなどの毒性による
気温、湿度が上がる梅雨には細菌性食中毒が増えていきます。細菌性食中毒の予防には「つけない」・「ふやさない」・「殺菌する」が基本となります。具体的な行動としては「洗う・分ける」、「低温保存」、「加熱処理」ということになります。
 
細菌性食中毒の原因である細菌は肉眼では見ることができません。「しっかり」洗うということで「しっかり」細菌が落とせているかを確認するのはなかなか難しいことです。
 
昨日行った勉強会にて手洗い講習というものがありました。先にブラックライトで発光する特殊なハンドローションを手に付けて、手洗いを行います。その後、ブラックライトに手を当てて、どのくらい洗浄できたかを確認するのですが、しっかり洗ったつもりでも汚れが残っている部位がところどころあることがわかります。
 
特に汚れが残りやすい部位として、爪の隙間や指と指の間、手首といったところがあげられ、実際に確認できました。また、利き手の方が汚れが残りやすい傾向になるそうです。自分ではしっかり洗っているつもりでも、意外と汚れは残っているものです。子供には、しっかり洗いましょう、ではなく、1分間洗いましょう、といったような言い方のほうが、細かいところまで気が付いて石鹸を使うので、よりしっかり手が洗浄できるということでした。
 
手洗いは梅雨時期に増える細菌性食中毒の予防の基本です。再度、ちゃんと汚れを落とすための手洗いの仕方を見直して、梅雨時期の食中毒の予防を今のうちに確認しておきましょう。
 
投稿者 古賀巌

夏は「心(しん)」の季節、心が関わる様々なこと

2018-05-12
日中にはすっかり気温も上がり、汗ばむこともしばしばですね。ポカポカとした陽気が心地いい時期です。
 
立夏を過ぎました。二十四節季の立夏~立秋までは暦の上で夏になります。五行で「火」にあたるのが夏です。太陽の作用が最大のときであり、燃えさかる「火」は上へ上へと向かって広がります。人体の中で「火」の属性を持つ臓腑は熱源である「心」であり、血液は全身に運ばれて体温を保ちます。食べ物を吸収し、エネルギーに変えて熱源とする小腸も「火」の属性となり、夏に関係の深い臓腑となります。
 
夏は一年で一番エネルギーが旺盛な季節です。気温も上がり活発に活動が出来るようになってきます。活動が活発になれば血液の循環もそれにあわせて活発になります。ですから心臓、循環系が活躍する季節です。生物の生殖活動も盛んになります。そして、そのためにはたくさんの栄養を必要とします。その栄養を取り込む消化吸収の牽引役は小腸です。夏は「心」や「小腸」が旺盛に働いてくる時期というふうに考えます。
 
また、「心」は中医学では精神が宿る臓腑でもあり、意識や思考、睡眠などを支配しています。血液の問題、熱の循環、意識障害などがある場合は、「心」がオーバーヒートし弱ってしまったということです。感情では、「喜び」が「心」に関係しています。喜びは、極陽性の感情なので喜び、ドキドキして心は亢進します。でも、それを越してしまうと心臓に負担が大きくかかります。そのため、行事が続いた後、楽しかったのに疲れ切ってしまい、具合が悪くなり気力も低下するという事がおこります。喜びが心に負担を与えてしまうというのはイメージが付きにくいかもしれませんが、要は、テンションが上がりすぎちゃって、ある時点でフッと疲れ切ってしまうようなことでしょうか。このような状態が繰り返し続いて心が弱ると、中枢神経系の不調につながることがあり焦燥感、イライラや動悸、不眠、不安、口内炎、舌の炎症といった症状が現れます。また、心そのものの疾患として血行が悪い、顔色が悪い、手足の冷え、顔ののぼせ、立ちくらみ、不整脈、狭心症、心筋梗塞、高血圧などにつながることもあります。
 
小腸の機能障害による症状ですが、「心」は消化吸収を担う「脾」とも深い関わりがあります。心が消化吸収した栄養を血液に載せ身体を循環させることを考えると、この関係性が深いこともわかります。小腸が弱ると、焦りや焦燥感から始まり、口内炎、排尿時の焼けるような痛み、残尿感、尿の色が濃いなど一見腎臓に関係しているような症状がみられることがあります。小腸で吸収された栄養が血液となって循環し、肝臓で分解・解毒され、腎臓で更に濾過され不要なモノが尿となって排出されるという一連の流れを考えると、これも繋がってきます。
 
このように、血液循環に関連する一連の流れは心と関係があり、心の機能の低下は、循環の不調となり肝や腎にも影響を及ぼしていくのです。
 
投稿者 古賀巌
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る