本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

短冊に書く願い事は…

2018-07-07
こんにちは。台風7号が通り過ぎてほっとしたのもつかの間、ここ数日は大雨で、日本各所で災害情報が出るような大荒れの天気となってしまいました。皆様のところは大丈夫でしょうか。
 
本日は七夕です。七夕と言えば、笹に飾った短冊。今回は七夕の短冊のちょっとしたトリビアを調べてみました。
 
七夕の風習が日本に広まった当初は、短冊を飾る風習は無く五色の糸を飾っていました。糸を飾ることは元々七夕に「裁縫の上達を願うお祭り」という側面があったためです。織姫は機織りの名手で、人々はその織姫にあやかり布を織りあげる技術や裁縫の上達を願っていました。その後、糸は布に変わり、江戸時代より紙の短冊を飾るようになっていきました。七夕は元々貴族の行事であり、和歌の披露も兼ねて、笹には木の葉に和歌を書いて吊るす風習がありました。墨と筆で和歌を書くことで、書道の上達を願うことも目的となっていきました。これらのことが合わさって、紙の短冊に変わっていく中で、短冊に願い事がかかれるようになっていきました。
 
短冊に使われる色は五色となっています。青・赤・黄・白・黒の五色の短冊が正式な色なのです。
これは五行説が元となっています。五行説では青色は木行、赤色は火行、黄色は土行、白色は金行、黒色は水行を指します。木行は青ですが、昔は緑色も青と言っていたので緑で代用することもあります。また、黒色は祝い事向きではない色との考えや、紫色が高貴な者のみが使える色という考えもあり、短冊の黒色は紫色へ代替されました。
五色は五行説が元となっているので、それぞれの色は五徳、人間が守るべき五つの徳とも対応しています。よって、短冊に願いごとを書く時は、その意味に近い色を選ぶのがよいとされています。色と五徳の対応、それぞれの色が持つ意味は以下の通り。
青=仁 徳を積む・人間力を高める。
赤=礼 父母や祖先への感謝の気持ち。
黄=信 信頼、知人・友人を大切にする。
白=義 義務や決まりを守る。
黒=智 学業の向上。
 
短冊に願い事を書くときは、ただ単に「大金持ちになりたい」ではなく、その元が「商売繁盛」なら、「お客さんを大事にし、信頼を得て商売が上手くいく」ことが元ですので、黄色の短冊に願いを書く、というようになるわけですね。由来や意味を考えて願い事を書くことで、自分自身の意識もしっかりそちらに向いて、願い事もかなう(自分自身の夢がかないやすくなる)かもしれません。
 
投稿者 古賀巌

夏バテのはなし

2018-07-04
先日のブログでは「夏季に暑邪に傷られると、内熱が盛んとなる」というお話をしました。
 
夏の暑さにやられて身体に熱が籠る
次第に身体のエネルギーや栄養、潤いなど体に必要なすべての物質(中医学で言う気血津液(きけつしんえき)が消耗し、夏バテを起こします。
 
 
この夏バテ。
現代ではもうひとつ大きな原因が考えられます。
 
 
それが、クーラーによるもの。
 
クーラーによる熱冷ましが“過ぎる”場合に、屋外との気温差も大きくなってしまい
体温調節を図る自律神経系が乱れ、夏バテともいえる様々な症状が引き起こされてしまうのです。
 
 
 
つまり、夏バテの原因は
 
暑さ(高温多湿)によるもの 
 
②屋内外の気温差による自律神経の乱れによるもの
 
と考えることができます。
 
 
暑さによって起こる夏バテは、胃腸が弱い方屋外就労者お疲れ気味の方高齢者に起こり易く、
症状としては睡眠が浅い、口渇、冷たいものばかり欲する、尿量減少、食欲不振、疲労倦怠感、頭がボーとするなどの症状が挙げられます。
 
 
自律神経の乱れによる夏バテは、
冷え症月経中更年期の女性普段よりストレスが強い方筋肉量が少ない方に起こり易く、
疲労倦怠感、やる気がない、浮腫み、食欲不振、肩凝りなどの症状が挙げられます。
 
 
すでに気づいた方も多いと思いますが、
原因こそ違えど、夏バテとして出てくる症状は似ている点も多いのです。
 
夏バテは罹ってしまってからの対応では、なかなか改善しにくく回復までに時間も要するため、
「未病先防」つまり、どれだけ予防をできるかが大変重要になってきます。
 
 
今年はすでに梅雨明けしている地域もあり、例年よりも長くなりそうな夏。
元気に疲れ知らずで乗り切るために、ぜひ上手に夏養生(以下参照)しながら過ごしていただければと思います!
 
 
 
【夏バテ知らず!元気に夏を過ごすために】
 
冷たいもの、生もの、刺激物は控えめに(胃腸の負担を和らげ、体力の消耗を防ぐ!)
 
朝ごはんを抜かない(朝は、元気の素である「気(エネルギー)」が作られます)
 
夜更かししない(遅く寝ても、早起きをする)
 
食事はゆっくりと、よく噛んで食べる
 
・シャワーじゃなくてお風呂に浸かる(ぬるめのお湯にゆっくり浸かれば、自律神経の調節にも役立ちます)
 
冷房や扇風機を上手に活用(設定温度を下げ過ぎない(25~28℃程度)
 
こまめな水分補給を(冷たいものを一気にがぶ飲みしない)
 
涼しい時間に散歩や軽い運動などで体を動かす
 
 
 
出来ることから、無理のない範囲で、是非やってみてください^^
 
投稿者:古賀 梨紗子

暑さに負けるな!熱中症対策!

2018-06-27

夏至も過ぎ、だんだんと高温多湿で過ごしにくい暑い日が増えてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

中医学では、夏季は「暑邪」に気を付けるべきだといわれており、併せて、湿度の高い日本の場合は「湿邪」にも注意が必要になってきます。

 

 

 

中国最古の医学書である黄帝内経素問には

 

「夏季に夏邪に傷られると、内熱が盛んとなる」とあり、

夏の暑さにやられて熱が籠ってしまうことで、急性としては熱中症を起こしてしまったり、

無意識のうちに日に日に気・血・津液(身体のエネルギーや栄養、潤いなど体に必要なすべての物質)を消耗し夏バテを起こしたりしてしまいます。

 

 

熱中症の症状としては、主に

 

眩暈立ちくらみが起こる「熱失神」、

 

疲労倦怠感頭痛悪心嘔吐などの「熱疲労」、

 

筋肉痛手足がつる「熱痙攣」、

 

 

そして重症の場合には倒れたり、意識障害を引き起こすことがあります。

 

 

「もしかして・・」と思った時には、水分を十分に摂り、早めに脇や首を冷ましたり、十分に体を休息すること。そして、ためらわずに近くの人に助けを求めたり、救急車などを呼ぶことも大事です。

 

 

また一般的に熱中症にかかりやすい人としては

 

高齢者…身体の水分割合が少ない・加齢による身体の恒常性の低下

 

乳幼児…大人よりも新陳代謝(熱産生)が活発な反面、汗腺の発達が未熟で身体の余分な熱の発散ができない

 

虚弱体質の人…暑さによる消耗に身体が適応しにくい

 

糖尿病・腎臓病・心疾患などの持病がある方

 

長時間の屋外就労者

 

 

と、言われていますが、屋内に居る方でも熱中症には十分注意が必要です。

 

私も去年、屋内で熱中症と思われる症状に罹ってしまいましたが、

考えれば、その2、3日前から食欲があまりなく食事量も少なく、体力も落ちていたと思います。

水分摂取も十分にしていたつもりでしたが激しい頭痛、吐き気、眩暈・・・で立ち上がれなくなってしまいました。

 

まさか、自分がです。猛反省でした。。。

 

 

こうならないためにも、

 

日頃より暑さを無理に我慢しすぎてしまったり、

汗をかくのが嫌だからと水分を摂るのをむやみに抑えてしまったり、

冷たい飲物や生ものを摂り過ぎたり、

食事の不摂生(食欲がないからとむやみに食事を抜いたり)はせず、

 

また、十分な睡眠の確保(ひんやりマットや氷枕の活用)をして熱中症予防をしてくださいね!

 

これから迎える夏本番に向けて、暑さに負けない心掛けをしましょう。

 

 

 

投稿者:古賀 梨紗子

夏至と夫婦岩

2018-06-20

明日6月21日は二十四節気の「夏至」。

 

「夏に至る」と読んで字の如く、この日を境に本格的な夏の到来となります。

 

 

三重県伊勢市の二見浦では、

夏至の時期だけ夫婦岩の間から朝日が昇り、これは夏至の前後2ヶ月しか見られない絶景で有名です。

 

まだあまり知られていないかもしれませんが、

 

 

実はここ、福岡県糸島市にも二見ケ浦があり

 

しかも、夏至の時期に糸島の夫婦岩の間に夕日が沈み、これもまた幻想的な光景です(ドヤ顔。笑)

 

 

 

小さい頃、伊勢の朝日糸島の夕日という対の夫婦岩のことについて知ったときには、

自然の不思議というか神秘というべきなのか、とにかく鳥肌が立ったのを覚えています。

 

ぜひ、お時間許される方は糸島散策やドライブがてら夕日の絶景を見に来られては如何でしょうか!

 

本当におすすめです^^

 

投稿者:古賀梨紗子

日本人の脾と湿

2018-06-16
梅雨の時期になり訴えが多くなる症状には、倦怠感や消化管症状、むくみ、めまいや耳鳴りといったものがある。とくに、倦怠感に関しては、近年“夏バテ”ならぬ“梅雨バテ”という言葉も出てきたようだ。梅雨はもはや多くの日本人において代表的な“体調不良になりやすい時期”となっているのかもしれない。
 
梅雨の時期に現れやすい症状の多くには“湿邪”が絡んでいる。湿気、すなわち“湿”が強くなりすぎて身体に害をあたえる“邪気”になったものが“湿邪”である。身体の中に溜まって停滞した湿気が身体に害を与える。水はけの悪い土壌にある水たまりがよどみ、腐っていくようなものである。流れる水は腐らず、という。体内の水分を停滞させずに流すことは、健全な身体を維持することに必要不可欠である。
 
身体の中の水分をうまく流すためには脾が大きく関わってくる。“脾”は東洋医学においての五臓のひとつである。「脾は運化をつかさどる」とされている。脾がその働きを十分に発揮することで体内の水液はうまく巡る。脾にできるだけ負担をかけすぎないことが湿邪による体調不良を防ぐことに繋がる。
 
湿には大きく分けて身体の外部環境からの外湿と、身体の中から生み出される内湿に分けられる。内湿は、主に脾の機能が低下することで身体の内側から生じる。内湿は、脾が健全に水液を運化できなくなり、水湿停滞して凝集した状態である。外湿と内涅は異なるが、湿邪となり発病する機構においては相互に影響する。東洋医学では「内湿が外湿を呼ぶ」という。脾が機能低下すると内湿が生じるとともに外湿を感受しやすくなり、外湿が侵入すると脾を傷害して内湿を産生しやすくなる悪循環となってしまう。
 
脾の負担を抑え、その機能を損ねないようにするには、水分の取りすぎに注意し食べ過ぎや飲み過ぎを避ける、あっさりしたものを摂り油ものの摂取を少なくする、などの方法があげられる。また、暑くなってくるとアイスをはじめ冷たいものを多く摂ってしまいがちである。冷たいものは脾の陽気を傷つけ消化能力を低下させてしまうので、これも注意が必要である。
 
中医学では「脾は湿を嫌う」とされている。日本の梅雨、夏は高温多湿である。島国である日本は、四方を海に囲まれており湿気が多い。そのため、日本人は湿に対し過酷な環境にもともと置かれているのだと思う。そして、日本人は胃潰瘍をはじめとし消化管の症状が多い民族と言われている。このあたりにも湿と日本人との関連性があるように思う。“湿”対策は日本人の健康に大きく関わっているのかもしれない。
 
投稿者:古賀巌
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る