本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

梅雨の食中毒予防、手洗いを見直してみること

2018-05-19
沖縄が梅雨入りし、九州ももうそろそろ梅雨に入ろうかという季節になります。糸島も今日は涼しいですが、今週は30℃を超える日もあり、暑くなってきました。これからどんどん気温も湿度も上がり、蒸し暑くなっていきそうです。
 
じめじめとして蒸し暑い梅雨に入ると、食中毒に注意が必要になります。食中毒には種類があり、以下のように分類されます。
①細菌性食中毒…細菌(の出す毒素)の摂取による
②ウイルス性食中毒…ウイルス感染したものの摂取による
③化学性食中毒…農薬や添加物などの化学物質、腐敗で発生した有害物質の摂取による
④自然毒食中毒…ふぐ毒や毒きのこなどの毒性による
気温、湿度が上がる梅雨には細菌性食中毒が増えていきます。細菌性食中毒の予防には「つけない」・「ふやさない」・「殺菌する」が基本となります。具体的な行動としては「洗う・分ける」、「低温保存」、「加熱処理」ということになります。
 
細菌性食中毒の原因である細菌は肉眼では見ることができません。「しっかり」洗うということで「しっかり」細菌が落とせているかを確認するのはなかなか難しいことです。
 
昨日行った勉強会にて手洗い講習というものがありました。先にブラックライトで発光する特殊なハンドローションを手に付けて、手洗いを行います。その後、ブラックライトに手を当てて、どのくらい洗浄できたかを確認するのですが、しっかり洗ったつもりでも汚れが残っている部位がところどころあることがわかります。
 
特に汚れが残りやすい部位として、爪の隙間や指と指の間、手首といったところがあげられ、実際に確認できました。また、利き手の方が汚れが残りやすい傾向になるそうです。自分ではしっかり洗っているつもりでも、意外と汚れは残っているものです。子供には、しっかり洗いましょう、ではなく、1分間洗いましょう、といったような言い方のほうが、細かいところまで気が付いて石鹸を使うので、よりしっかり手が洗浄できるということでした。
 
手洗いは梅雨時期に増える細菌性食中毒の予防の基本です。再度、ちゃんと汚れを落とすための手洗いの仕方を見直して、梅雨時期の食中毒の予防を今のうちに確認しておきましょう。
 
投稿者 古賀巌

夏は「心(しん)」の季節、心が関わる様々なこと

2018-05-12
日中にはすっかり気温も上がり、汗ばむこともしばしばですね。ポカポカとした陽気が心地いい時期です。
 
立夏を過ぎました。二十四節季の立夏~立秋までは暦の上で夏になります。五行で「火」にあたるのが夏です。太陽の作用が最大のときであり、燃えさかる「火」は上へ上へと向かって広がります。人体の中で「火」の属性を持つ臓腑は熱源である「心」であり、血液は全身に運ばれて体温を保ちます。食べ物を吸収し、エネルギーに変えて熱源とする小腸も「火」の属性となり、夏に関係の深い臓腑となります。
 
夏は一年で一番エネルギーが旺盛な季節です。気温も上がり活発に活動が出来るようになってきます。活動が活発になれば血液の循環もそれにあわせて活発になります。ですから心臓、循環系が活躍する季節です。生物の生殖活動も盛んになります。そして、そのためにはたくさんの栄養を必要とします。その栄養を取り込む消化吸収の牽引役は小腸です。夏は「心」や「小腸」が旺盛に働いてくる時期というふうに考えます。
 
また、「心」は中医学では精神が宿る臓腑でもあり、意識や思考、睡眠などを支配しています。血液の問題、熱の循環、意識障害などがある場合は、「心」がオーバーヒートし弱ってしまったということです。感情では、「喜び」が「心」に関係しています。喜びは、極陽性の感情なので喜び、ドキドキして心は亢進します。でも、それを越してしまうと心臓に負担が大きくかかります。そのため、行事が続いた後、楽しかったのに疲れ切ってしまい、具合が悪くなり気力も低下するという事がおこります。喜びが心に負担を与えてしまうというのはイメージが付きにくいかもしれませんが、要は、テンションが上がりすぎちゃって、ある時点でフッと疲れ切ってしまうようなことでしょうか。このような状態が繰り返し続いて心が弱ると、中枢神経系の不調につながることがあり焦燥感、イライラや動悸、不眠、不安、口内炎、舌の炎症といった症状が現れます。また、心そのものの疾患として血行が悪い、顔色が悪い、手足の冷え、顔ののぼせ、立ちくらみ、不整脈、狭心症、心筋梗塞、高血圧などにつながることもあります。
 
小腸の機能障害による症状ですが、「心」は消化吸収を担う「脾」とも深い関わりがあります。心が消化吸収した栄養を血液に載せ身体を循環させることを考えると、この関係性が深いこともわかります。小腸が弱ると、焦りや焦燥感から始まり、口内炎、排尿時の焼けるような痛み、残尿感、尿の色が濃いなど一見腎臓に関係しているような症状がみられることがあります。小腸で吸収された栄養が血液となって循環し、肝臓で分解・解毒され、腎臓で更に濾過され不要なモノが尿となって排出されるという一連の流れを考えると、これも繋がってきます。
 
このように、血液循環に関連する一連の流れは心と関係があり、心の機能の低下は、循環の不調となり肝や腎にも影響を及ぼしていくのです。
 
投稿者 古賀巌

人生の3分の1は“眠って”いる?

2018-05-09

「寝る子は育つ」

 

「早起きは三文の徳」

 

など、睡眠に関するポジティブなことわざが世の中にはたくさんある通り

“睡眠”は人の健康にとって大変重要です。

 

一説では、人生の約3分の1を睡眠が占めているとも言われ、充実した人生のためには、充実した睡眠が欠かせません。

しかし、生活が不規則になりがちな現代では睡眠時間や睡眠の質も乱れてきており、睡眠そのものを満足に取れている人も少なくなってきています。

 

 

そもそも、人(動物)はなぜ眠るのか?

 

睡眠は、日中にフル稼働で働いてくれた体と脳に休息を与え、メンテナンスを行う重要な役割を担っています。また、多くのホルモンの生成や分泌が行われる大事な時間でもあり、

 

子供の筋力や骨を作ったり、疲労回復、新陳代謝を促す成長ホルモン

ストレスから身を守るためのコルチゾール

体内時計を調節して睡眠の質を高めるメラトニンなどが挙げられます。

 

「健康」な身体も、安定した心身を保つための「ストレスへの抵抗力」も、病気にかかりにくい体を作る「免疫力」も、すべて充実した睡眠あるからこそなのです。

 

また、中医学では睡眠には、

血の循環だけでなく精神面・思考面に関係する「心」をはじめとして、

心を養う血の貯蔵庫である「肝」

身体の気血を生み出す「脾」

脳と関係の深い「腎」のバランスを重要視します。

 

 

いずれにしても、睡眠の質の向上のためには、

満足のいく睡眠を取れない原因を見つけ出し、生活習慣や体質、精神面の養生が必要不可欠なのです。

 

快眠のすゝめ

 

①寝る前にスマホ、テレビ、ゲームは見ない

 

②夜にコーヒー、濃いお茶、過度の刺激物は避ける

 

③日中は適度に体を動かす

 

④夕食は寝る2時間以上前に摂る。ながら食べをせず、しっかりとよく噛んで、食事を楽しむ。

 (朝に胃がもたれやすい、食欲がないという方は、肉や油ものなどは控え、消化のいいもの、温かいものがおすすめ)

 

⑤シャワーじゃなく、お風呂に浸かって体を温める(過度の長風呂、就寝直前は逆効果。寝る1時間前までに済ませましょう)

 

⑥朝に楽しみを作る(朝ご飯に好きなものを摂りいれる。好きな音楽を聴く。好きな本を読む。など)

 

これらを、無理はせず、出来る範囲から始めてみるだけでも、

睡眠の質は変わり、実際に朝の目覚めも変わってきます^^

 

すでに、「寝つきが悪い」「夜中に何度も目が覚める」「朝起きても疲れがとれていない」など

不眠の症状がある場合は、セルフケアだけではなく、病院や薬局などにご相談されることをお勧めいたします。

 

投稿者:古賀梨紗子

 

夏も近づく八十八夜

2018-05-02
夏も近づく~八十八夜ぁ~
 
 
今日は立春から数えて八十八日目の【八十八夜】ですね。茶摘みのイメージが強いですが、「八十八」という字を組み合わせると「米」という字になることから、農業に従事する方にとっては五穀豊穣を願ったり、稲の種まきを始める日とされてきたようです。
 
茶葉は、乾燥させたものを「緑茶」
発酵させたものは「紅茶」
半発酵のものが「烏龍茶」に区別され、よく知られている番茶や煎茶や玉露などは緑茶に分類されます。
 
 
その成分は、苦味カフェイン渋みカテキン類甘みはアミノ酸の一種であるテアニンに起因しており、
 
苦味のもとでもあるカフェインは、覚醒や強心、胃酸分泌刺激、利尿作用があります。
 
渋みのものであるカテキン類は、消臭や抗菌抗ウィルス、脂肪燃焼、腸内環境の改善に働き、
昨今の特定保健用食品としても認められている高濃度の茶ポリフェノールはこのカテキン類に分類されます。
 
甘みのもとであるテアニンは脳のリラックスを促し、イライラを鎮め、睡眠の質をあげるとも言われています。
八十八夜前後に摘まれるお茶(新芽)にはこの、テアニンが多く含まれ、特に甘味が引き立って香りの高いお茶が味わえます。
 
 
 
漢方でも、生薬名を「茶葉(ちゃよう)」といって、清頭目、利尿、止瀉により頭痛下痢などに用います。
このほか、口内炎や咽喉炎の炎症を鎮めるのを助けたり風邪の予防としても活躍します。
 
日本では、鎌倉時代に栄西の「喫茶養生紀」をきっかけに、
喫茶としての風習が広まったとも言われている緑茶。
今でこそ、紅茶や珈琲が、喫茶店やカフェでの欠かせない飲み物になっていますが、
身体に様々な効果が期待できるからこそ、緑茶は昨今では海外でも大ブームになっています。
 
日本人の生活に昔から欠かせない緑茶を、
八十八夜の歌にのせながら、ゆっくりと味わって飲んでみられるのもいいかもしれません^^
 
投稿者:古賀梨紗子
 

「いただきます」を見て

2018-04-25

食べたものが、心になる。

食べたものが、気力になる。

食べたものが、愛になる。

食べたものが、夢になる。

 

先日より、当店の店頭やfacebookでもご案内しておりました422()に開催の

「子供たちの未来と食を考える食の講演会 と 「いただきます」上映会」

(主催:福岡ヤクケンみどり会 後援:クロレラ工業株式会社)

は、無事に終えることが出来ました。

ご来場いただいた方、あいにくご来場できず店頭でお声掛け頂いた方、皆様本当にありがとうございました。

 

私自身、「いただきます」は初めて拝見したのですが、正直とても感動する映画であるとともに、「食」の大切さを改めて痛感する機会になりました。

 

冒頭の言葉は、「いただきます」の作中に出てきた言葉です。

 

この「いただきます」は市民有志の寄付金のみで作られた福岡県にある高取保育園の日常を切り取ったドキュメンタリーです。そこには、

毎日食べる玄米を子供たち自らが研ぎ、

毎月5歳児クラスの子供たちが全園児約220人分を仕込み、

その、味噌を使った味噌汁や玄米ご飯、納豆、旬の野菜を中心とした給食を

お米一粒さえも残さずに笑顔でお腹いっぱいに食べる園児たちの笑顔がありました。

 

そして、そんな園児たちは誰一人給食を残すことなく、

真冬でも薄着で外を駆け回り、

汚れた園の床を四つん這いになって毎日雑巾がけをして、

よく笑い、ぐっすりお昼寝をして、

健康そのもの!

 

 

嘘のようで本当にある、

高取保育園の子供たちの日常の1コマ(オオタヴィン監督曰く、映画になりそうな良い場面だけを切り取ってとっているわけではないそうです)に、ただただ驚きと感動でした。

 

そして、日々、店頭でお客様のご相談とともに生活習慣や食事のことについて

お話をお伺いできることがいかに重要であるか、確信にも近い自信にもなりました。

 

詳しい内容は、是非、一人でも多くの方に実際に目で見て心で感じていただきたいので、ここでは伏せておきます。

ぜひ、また上映の機会があれば足を運んでみてくださいね!

とっても、おすすめの映画です。

 

投稿者:古賀梨紗子

 

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 092-322-2241
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
有限会社糸島薬局
〒819-1116
福岡県糸島市前原中央2-3-33
TEL.092-322-2241
FAX.092-322-2241
TOPへ戻る